大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
最新記事
「憲法 」 の記事一覧
2012.05.24 Thu
代読裁判 元市議勝訴 300万円 支払命令 名古屋高裁 参政権侵害は悪質
引用
出典:元中津川市議「代読」訴訟、市も上告せずー2012年5月23日 日刊スポーツ
がんの手術で声帯を除去し発声が困難になった元中津川市議小池公夫さん(72)が、議会で代読による発言が認められず、発言方法を自ら決める自己決定権などを侵害されたとして損害賠償を求めた訴訟で、市は23日、市に300万円の支払いを命じた2審名古屋高裁判決を受け入れ、上告しないと発表した。

 23日の臨時議会で損害賠償金などを盛り込んだ補正予算が可決された。
 小池さんは21日に上告しないことを明らかにしていた。


地方議会の自律権に基づく行為に対し、障碍者への権利侵害を認め、慰謝料300万円の支払いを命じたのは、画期的な判決だといえよう。
表現の自由と参政権に対する侵害がいかに高価なものかを示したともいえる。

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済
憲法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.05.05 Mon
「9条会議」1万人殺到
引用
出典:「9条会議」1万人殺到ー2008年5月5日 読売新聞
憲法9条と、武力によらない世界平和について考える「9条世界会議」が4日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕。北アイルランド問題の平和的解決に取り組み、1976年にノーベル平和賞を受賞したマイリード・マグワイア氏らの基調講演が行われた。夜には、趣旨に賛同する加藤登紀子さんやUA(ウーア)さんらのコンサートも行われた。

 幕張メッセ前には1万人を超える来場者が殺到し、会場内に入りきれない人が続出。当日券の販売は中止となり、前売り券の払い戻しも行われた。このため、近くにある野外のメッセモールで入場待ちをしていた約1000人を前に、急きょ、マグワイア氏らが追加講演を行う一幕もあった。

以上読売新聞より引用

朝日新聞と日本経済新聞の世論調査では9条を変えないが増え、9条世界会議には1万人を越える人が殺到する

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済
憲法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.05.01 Thu
9条世界会議・関西
9J

2008年5月6日10:00~ 舞洲アリーナにて

テーマ:お知らせ - ジャンル:政治・経済
憲法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.04.20 Sun
市民ミュージカル:「ロラ・マシン物語」大阪公演
9j

市民ミュージカル:「ロラ・マシン物語」大阪公演
物語は、フィリピン人の元慰安婦、トマサ・サリノグさん(昨年78歳で死去)の生涯を描く。13歳のときに目の前で父を日本兵に斬(き)り殺され、約2年間、慰安婦を強制された。戦後、日本政府に謝罪と補償を求める運動の先頭に立った。「ロラ・マシン」はサリノグさんの愛称だ。

 舞台の上で約100人の出演者らはフィリピンの民衆になって彼女を励ましたり、アジアの思いを日本人に語りかける。

 「ロラ・マシン物語」は大阪・東京・山梨の若手弁護士らが呼びかけ人となって各地で実行委員会を立ち上げ、プロの脚本・演出家らが制作を担当。各地とも地元市民約100人ずつが参加し、大阪、東京、山梨の順で公演する。

公演は▽26日午後1時半、午後6時=クレオ大阪中央(大阪市天王寺区)▽29日午後4時=大東市立総合文化センター▽5月3日午後4時=柏原市民文化会館▽5月11日午後3時=堺市民会館。観覧料は一般2500円、高校・大学生2000円、中学生以下・障害者1500円。問い合わせは実行委(06・6180・6900)。

以上毎日新聞 2008年4月20日 地方版より引用

テーマ:お知らせ - ジャンル:政治・経済
憲法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2008.04.05 Sat
自治会費に上乗せの寄付金徴収違法
引用
出典:自治会費に上乗せの寄付金徴収、違法の判決確定ー2008年4月3日 読売新聞
「赤い羽根共同募金」や小中学校への寄付金などを自治会費に上乗せして徴収するのは思想・信条の自由を保障した憲法に違反するとして、滋賀県甲賀市甲南町の「希望ヶ丘自治会」の会員5人が、同自治会を相手取り、会費の増額決議の無効を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(横尾和子裁判長)は3日、自治会の上告を棄却する決定をした。
 自治会側の敗訴が確定した。

 1、2審判決によると、同自治会は2006年3月、年会費を6000円から8000円に値上げし、増額分を寄付金に充てることを決議したが、原告側は「寄付は個人の意思に委ねられるべきだ」と主張していた。
 1審・大津地裁は請求を棄却したが、2審・大阪高裁は「増額した会費の徴収は事実上の強制で、社会的に許される限度を超えている。増額決議は思想・信条の自由を侵害し、公序良俗に反する」と、増額は違法と判断していた。

以上読売新聞より引用

自治会側は、募金団体から前年実績に応じた募金目標額が設定されていて、各戸を廻って集める自治会役員の苦労は大きい。その負担を軽くする便法として自治会費を上乗せしたのだろう。
しかし、個人の側では、上乗せ自治会費を支払わないために自治会を脱退すると、自治会設置のごみステーションを利用できないなどの不利益を受けることとなる。こうなると寄付金の強制ということになる。
似たような事例は、今も各地の自治会に結構あるのではないだろうか。

憲法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑