大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
「裁判 」 の記事一覧
2008.05.30 Fri
コカ・コーラ
(お徳用ボックス) コカ・コーラ ゼロ 500ml×24本





知財高裁、コカ・コーラの瓶に立体商標認定 容器で国内初ー2008年5月29日日経新聞
コカ・コーラの瓶の形状が立体商標として登録が認められるかどうか争われた訴訟の判決で、知的財産高裁は29日、「瓶の形状自体がブランド・シンボルとして認識されている」などとして米コカ・コーラ社の訴えを認め、登録を認めなかった特許庁の審決を取り消した。同庁によると、容器の立体商標が国内で認められたのは初めて。
以上日経新聞より引用

1957年の販売開始以来、50年間一貫して同じ形状というのはすごいかなぁ

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済
裁判    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.27 Sat
消滅時効
消滅時効とは、権利を行使しないままに一定の期間が過ぎるとその権利が消滅してしまうという制度です。

裁判で、消滅時効が問題となるケースはいくつかあります。

1、起算点といっていつから時効が開始するのかについて
  争いがある場合

2、時効は、権利の種類によって、期間が違うので、
  何年の時効と考えるか争いがある場合

3、中断といって、時効期間を延ばす方法があるので、
  その中断があったと見るか否か争いがある場合

4、時効を援用することが信義に反するといえるような場合

などです。

4は、実体的な審理を要するでしょうが、
1~3は、過去の判例が集積されていますし、
要は日数の数え方によりますので、
裁判の早い段階で決着が着くことが多いです。

引用
出典:「1日遅れで時効でした」棄却判決 気づかず審理
ー2006年5月27日 読売新聞


夫が認知症を発症後に死亡したのは病院での投薬が原因などとして、愛知県春日井市の女性(75)が名古屋市中区の医療法人を相手に、約5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、名古屋地裁であり、内田計一裁判長は「時効で請求の権利はなくなっている」として訴えを棄却した。提訴から4年以上経過し、和解協議もしていたが、女性には結審後の今年4月、同地裁から「訴状の受け付けは提訴期限の1日後だった」と連絡があったことから、女性の弁護士は「裁判所は判決を書く時点で初めて時効に気づいたのでは」と指摘している。

 判決によると、時効は病院での診療が終わった1991年8月から10年後の2001年8月で成立する。

 女性は2002年1月に提訴し、裁判では「01年7月に内容証明郵便で賠償を求めているので、この時点で時効は中断している」と主張。これに対し、判決は「民法上、賠償を求めてから6か月以内に提訴しなければ中断しない。提訴したのは6か月を1日超えていた」として退けた。女性は「もっと早く判断してほしかった」と話している。
以上読売新聞より引用


原告代理人弁護士も、裁判官もあまりにお粗末過ぎます。
原告本人さんに気の毒です。

弁護士が、内容証明郵便を出す段階から受任していたとしたら
弁護過誤ですから、損害賠償義務があるでしょうね。

裁判    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.05.03 Wed
日本国憲法
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

裁判    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.04.25 Tue
かちまけは さもあらばあれ
かちまけは さもあらばあれ 


たましいの 自由をもとめ
 

われはたたかふ



故家永三郎教授のことばです。

裁判    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

2006.04.07 Fri
金魚すくい
金魚の産地といえば、奈良県大和郡山市です。

大和郡山市における金魚養殖は、柳澤吉保の子吉里が、甲府から大和郡山へ国替えになった際に持ち込んだとされ、たいへん歴史があります。

その大和郡山市では、まちおこしに、毎年「全国金魚すくい選手権大会」を開催しています。

引用
出典:金魚すくいルール違反認定 優勝常連男性の請求棄却ー2006年4月7日中国新聞

奈良県大和郡山市であった金魚すくい大会でルール違反をしたとして優勝を取り消された埼玉県熊谷市の男性が、主催者の全国金魚すくい競技連盟(大和郡山市)に処分の無効確認などを求めた訴訟の判決で、奈良地裁は7日、男性の請求を棄却した。

 阿部静枝裁判官は判決理由で「男性は外部から隠して持ち込んだポイ(和紙のすくい網)を使用したと認められる。競技の公正を図る上で重要な違反行為で処分内容は相当」と述べた。

 判決によると、男性は2003年8月に開催された「第9回全国金魚すくい選手権大会」の団体戦で優勝したが、関係者が撮影していたビデオにより、男性が準決勝でタオルとうちわの間に用具を隠して持ち込んでいたことが発覚。主催者は優勝と、過去2回の個人戦での優勝記録を取り消し、永久出場停止とする処分をした。
以上中国新聞より引用


金魚すくいごときで、裁判まで起こすのかな?という素朴な疑問
大阪弁でいうと「アホらし」という気がしないでもないです。

金魚すくいにおいて、ポイが主催者がその都度提供する共通品でなくては競技が成り立ちません。
その意味では、ポイを替えることは重大な違反といえます。
違反者に対する記録取り消し・永久追放は重すぎる処分とはいえないでしょうね。

裁判    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑