大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
最新記事
「チャングム 」 の記事一覧
2006.04.30 Sun
チャングムの誓い 第26話 「罠」 
ハン最高尚宮は、どのくらい最高尚宮の地位にあったのでしょうか?
1年くらいなんでしょうか。

李氏朝鮮の歴史について基礎知識がありませんので、
どうも、年代の感覚がわかりません。

オ・ギョモが政敵とする“チョ・グァンジョ(趙光祖)”という名前が出てきます
(流刑になっているらしい)。

趙光祖は、李氏朝鮮史では有名な人物らしく、
1482年に生まれ、1519年に死んでいます。

ということは、なにかにつけ身体が弱い中宗が温泉に行ってアヒルを食べてなぜか意識不明になったのも1519年のことなんでしょうかね。

日本は戦国時代です。
後に朝鮮半島に派兵した豊臣秀吉(1536年~1598年)はまだ生まれてもいません。

李氏朝鮮では、派閥闘争が盛んで、よく追い落としに遭います。
なぜか即死刑はいうことは少なく、逆に一度流刑になって、時代が変わると復帰してくることが多いのですね。

オ・ギョモも、流刑のチョ・グァンジョが風向きが変わって、
復帰することを恐れ、アヒル事件で、死罪にしようとしたのでしょうね。
スケープゴートが、アヒルを売ったおじさん・ハン最高尚宮・チャングム・ミンジョンホです。

右議政であるオ・ギョモが自ら尋問官を務めるとうのもどうかと思いますが、
尋問=拷問という時代です。

過酷な拷問が予想されますが、ドラマでは拷問場面が出てきません。
アヒルを売ったおじさんは、かなり顔面に怪我をしていますが、
ハン最高尚宮は、顔が薄汚れている程度だし
チャングムに至っては、一晩寝不足だった程度の顔をしています。
これでは、まだ自白はしないかもしれませんね。

次回は、アヒルを売ったおじさんとハン最高尚宮が自白し、
オ・ギョモから中宗に対して、全員死罪を上申されるそうです。

どうなるんでしょうね。次回も興味しんしんです。

チャングム    Comment(1)   TrackBack(16)   Top↑

2006.04.09 Sun
チャングムの誓い第23話「横領発覚」
最高尚宮を決める再試合(再度の競い合い)をすることとなりました。

皇太后から権限委譲を受けた皇后が出した課題はご飯でした。

ハン尚宮のご飯とチェ尚宮のご飯とを食べ比べて、尚宮たち14名が無記名投票します。

圧力釜方式を工夫して炊いたチェ尚宮のご飯は、ふっくらとやわらかくできあがっています。ご飯の炊き方としては、象印炊飯ジャーの岩下志麻も賞賛するでしょうね。まさに一級品です。

しかし、投票結果は、9票対5票で、64%の得票率を得たハン尚宮が勝利しました(ちなみに119票対72票・62%で勝利した小沢一郎民主党新代表よりも勝率は高い)。

固めのご飯が好きか、やわらかめのご飯が好きかで、両方を炊いて(釜の中に椀を入れて炊くらしい)、それぞれの尚宮に出したハン尚宮が票を集めました。

「人を見て法を説く」ということばがありますが、
料理もそのとおりだということですね。


最高尚宮に就任したハン尚宮は人事に着手します。
まさにニュー小沢一郎代表流(いや小沢一郎代表がハン尚宮をまねたのか)で、チェ尚宮1人を左遷しただけで、他は全員留任です。

チェ尚宮は、「味噌尚宮?」っていうんでしょうか
味噌の甕を管理する閑職に左遷されました。
チェ尚宮が元気がないと、ドラマとして面白くないということが今回よくわかりました。
故チョン尚宮も閑職「味噌尚宮?」から、最高尚宮に就任したわけですからチェ尚宮が復活のための策謀するのを次回は期待したいと思います。

チャングム    Comment(1)   TrackBack(9)   Top↑

2006.04.01 Sat
チャングムの誓い 第22話 「無念の死」
チョン尚宮(前スラッカン最高尚宮)が亡くなりました。

60年以上を王宮で過ごしてきたというのですから、
当時の平均年齢(上杉謙信は、「49年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒」 織田信長は「人間50年 下天のうちを比ぶれば 夢まぼろしのごとくなり」と言っています)
から考えると長生きなんでしょうね。

火葬してパウダー状にした遺骨を渓谷に向かってチャングムが散骨をしていましたね。
時代考証からして、正しいのかどうかはわかりませんが、
「風となり、雨となり、山河を吹き、流れて、さまざまな場所に行ってみたい」というチョン尚宮の気持ちがよく表れていました。

散骨というと、周恩来を思い出します。
毛沢東の遺体が永久保存されたのとは対照的です。

チョン尚宮の演技がもう見れないのは残念ですが、
これからはハン尚宮ががんばってください。

次回からは、ハン尚宮の逆襲が始りますね。
楽しみです。

チョン尚宮が死に、
ハン尚宮がボイコット・シカトされ閉じこもりになり、
チェ尚宮も派手な動きがなく
隙間でミン尚宮が活躍できましたね。
たまにはこういうのもいいですね。

チャングム    Comment(3)   TrackBack(14)   Top↑

2006.03.25 Sat
チャングムの誓い 第21話 「野いちごの味」
スラッカンの最高尚宮を実力で決める競い合いは、
(ハン尚宮+)チャングム(+ヨンセン)組が、チェ尚宮+クミョン組に4勝3敗で勝利しました。

WBCで準優勝したキューバ
(最初は入国すら拒否され、準優勝賞金もハリケーン被害者に寄付) 対
予選敗退したアメリカ
(自分が世界だと思ってるプライドとなんでも金儲けに手段にする魂胆)みたいもんですね。

チャングムの
「王さまは全ての民の父でいらっしゃいます」という泣き落としの“野いちご砂糖漬け”に、
王は、「国一番のスラッカンの女官だ」と叫んでしまい、

子ども(王)思いの母親=皇太后は
「ハン尚宮を、スラッカンの最高尚宮に任命する」と宣言してしまいました。

とんとん拍子とはこのことでしょうね。

チョン最高尚宮の餞のことば

チョン最高尚宮はお名残惜しいことですが、
次回で他界されるそうなので、

ハン尚宮に対し、

「スラッカンのことは、お前の方が私よりよくできる

なんの心配もしていない

人をまとめることは難しい

お前の毅然とした態度が人を遠ざける

すこしだけ融通を利かせなさい

毅然として融通を利かせること

お前ならきっとできるでしょう

これがお前への餞のことばです」


すばらしいアドバイスですね。感動しました。

ドキュメント「自殺過労死」裁判―24歳夏 アドマンの訣別 ドキュメント「自殺過労死」裁判―24歳夏 アドマンの訣別
藤本 正 (1996/10)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る



「自殺過労死裁判」の著者である藤本正弁護士(日本労働弁護団副会長・1999年没)から、
いただいた助言を思い出してしました。

「井上君 きみは、生意気で青臭い それはそれでええ 

せやけど きみももう弁護士10年やな

これからは、士官やでぇ

これからは、

自分の意見を言う前に、他人の意見に耳を傾けなさい

自分の意見には、語尾に“~ちゃいまっか?”をつけなさい」



次回からは、ハン尚宮の最高尚宮就任をボイコットするチェ一族のとの
苛烈な闘いになるでしょうね。

ますます楽しみです。

チャングム    Comment(1)   TrackBack(5)   Top↑

2006.03.11 Sat
チャングムの誓い第20話「誘拐」
娘が読売テレビの「耳をすませば」を見ているのを取り上げて(こら~チャンネル返せ~)
23:00からNHKの「チャングムの誓い」第20話「誘拐」を見る。

今回は、“やるときゃやる”で悪事のオンパレード。

チェ・パンスルは言う「やるときは徹底してやらねばならない」

そのとおりです

妹チェ尚宮が言うような「実力で勝つ」という絵空事を信じていては勝利は得られない

(といいつつも、真の実力という意味では、
今回の放映で、
キョン・ミリ(チェ尚宮)
ヤン・ミギョン(ハン尚宮)
ホン・リナ(クミョン)
イ・ヨンエ(チャングム)の4人の中で、
吹き替えなしで、包丁を使えるのはキョン・ミリ(チェ尚宮)だと判明してしまったのだが)

徹底勝利実践策

1、ユン・マッケとその姪ヨンノによる競い合い前日深夜の食材荒らし
鶏と猫をハン尚宮+チャングム組の食材置き場に放り込んで
冬虫夏草や魚介類を食べさせてしまう。

鶏は食材として飼っているからいくらでもいるが、
猫も食材として飼っていたのだろうか?
(犬はもちろん食材であるが・・)

2、ハン尚宮の乗った渡船が「逆方向に行く」ーつまり誘拐・拉致

男4人に尚宮1人 尚宮の口を塞ぎながらも、危害を加えないと宣言する賊
現代ドラマなら、こんなハン尚宮1人くらい コンクリート詰めにして、大阪港に沈めてしまうのであるが
15世紀には、そこまで殺生はしないらしい
単に、王宮での第3回競い合いへの出場を妨害するための時間稼ぎに過ぎないらしい
(ここが、チェ・パンスルも言うわりにはやることは徹底してないね)

ハン尚宮がいない中で、競い合いが始める
粥 クミョン勝利
前菜 チェ尚宮勝利
ここまでチェ尚宮組2連勝

冷菜 亡き母の甘酢に助けられチャングム1勝

残すはあと4品
ハン尚宮は帰ってくるのか? 勝利はどちらの手に?

次回も興味が尽きない

おまけ
トックおじさんって出てこないといけないんだろうか
(トックおじさんは王よりも出番が多い)

「船がさかさまに行った!」
トックおじさんの第一報はこれだった

説明とはなにかを考えるいい材料だった

「船がさかさまに行った!」の説明で、聞き手がトックの妻とチョンホとでは、理解はトックの妻の方が速かった。
なぜか 背景・経緯を知る者の方が理解しやすいから。

トックは、チョンホがなかなか理解してくれないので、
ハン尚宮が深夜突然にトックの家を訪れた場面から(妻に背中を掻くように強要されていたことから)説明をはじめた
この方法は時間はかかるがいい方だ。

しかし、速く聴くにはどうするか
人は、まず、一番大切なこと 一番知ってほしいことを
発すると言われている。
だから、聴く側とすると、最初に発せられたその言葉こそを聴き取らないといけない。

「船がさかさまに行った」→「山に行ったのかい」ではない
「船がさかさまに行った」→「どこへ行ったのですか」でもない
「船がさかさまに行った」→「だれが乗っていたのですか」これが正しい聴き方ということになる

チャングム    Comment(6)   TrackBack(21)   Top↑