大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最新記事
2006.02.25 Sat
軍艦アパート
軍艦アパートが取り壊されるという記事が出ています。

引用
出典:さらば軍艦アパート 築75年の鉄筋公営住宅、取り壊しへー2006年2月25日朝日新聞
築75年、独特の外観から「軍艦アパート」の異名で知られる大阪市営の「下寺住宅」(大阪市浪速区)が、06年度中に取り壊されることになった。
以上朝日新聞より引用


軍艦アパートの画像は、
軍艦アパート by 関西今昔建築散歩さん にたくさん紹介されています。

私は、大阪市立大学在学中、学生セツルメント活動に参加していました。

通天閣の北側に位置する
この地域には、3つの軍艦アパートがありました。
北日東住宅・南日東住宅・下寺住宅です。
そして、この地域の中心に
石井記念愛染園愛染橋病院 があります。

この「石井」とは、石井十次です。
石井十次は、日本の社会事業の父と言われる人物です。
当時貧民窟(スラム)と言われたこの地域に職業紹介所・保育所・診療所などを有する愛染園セツルメントを開設しました。
この事業を援助したのが、倉敷紡績社長 大原孫三郎でした。

社会問題を研究する日本最初の研究所である大原社会問題研究所は、
軍艦アパートをのぞむ夕陽丘に建てられました。

戦後、大学生たちが愛染園セツメントに参加し、そこから学生セツメントが生まれました。

僕のその一人です。

最後に残った下寺住宅が解体されるときき、時代の流れを感じます。
スポンサーサイト

弁護士つれづれ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/96-c40df30b

Top↑