大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.12≫
最新記事
2006.02.25 Sat
履行利益と信頼利益 1000億円か100億円か
履行利益と信頼利益

損害賠償を求める場合に、
求めうる損害というのは相当因果関係のある損害に限られます。

引用
出典:住友信、旧UFJ統合訴訟で控訴・100億円に請求減額ー2006年2月25日日本経済新聞

住友信託銀行は24日、旧UFJホールディングス(現三菱UFJフィナンシャル・グループ)と傘下2行に対して、信託部門を経営統合する基本合意を一方的に撤回され損害を受けたとして1000億円の損害賠償を求めた訴訟に関し、請求を棄却した東京地裁の判決を不服として請求額を100億円に減らし東京高等裁判所に同日付で控訴したと発表した。
以上日本経済新聞より引用


住友信託銀行は、経営統合できたはずだったとして
得られたであろう利益として内金1000億円を請求しましたが、
第1審では統合合意をするまでの段階に至っていなかったとして、
全面敗訴しました。

第2審では、統合合意できるであろうと信じて交渉ないし準備にかかった費用・裏切られたことによる損害として100億円を請求しています。

もし履行利益が1000億円だとしたら、信頼利益は1%くらいつまり10億円くらいかもしれませんね。
ただそれでは、最初の訴額からあまりにかけ離れるし、10億円なら相手が直ちに和解に応じる可能性もあるでしょうから、
100億円と算出したのでしょうか。

いずれにしても、第2審は和解解決になるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

商事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/94-2e62d0d7

Top↑