大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最新記事
2005.12.10 Sat
逆転有罪
立川ビラ配布事件が高裁で逆転有罪になりました。

引用
出典:一審無罪判決破棄、被告3人に罰金刑 立川ビラ配布訴訟ー朝日新聞2005年12月09日

東京都立川市の防衛庁宿舎で、自衛隊のイラク派遣に反対するビラをまいて住居侵入罪に問われ、一審で無罪となった市民団体「立川自衛隊監視テント村」のメンバー3人の控訴審判決が9日、東京高裁であった。
中川武隆(たけたか)裁判長は、3人の行為は住居侵入罪にあたるとし、「ビラによる政治的意見の表明が保障されるとしても、宿舎管理者の意思に反して立ち入ってよいことにはならない」と述べて一審判決を破棄。
3人を罰金20万円または同10万円とする逆転有罪判決を言い渡した。
3人は即日、最高裁に上告した。
以上朝日新聞より引用。


一審判決は、
「被告人らが立川宿舎に立ち入った動機は正当なものといえ,その態様も相当性を逸脱したものとはいえない。結果として生じた居住者及び管理者の法益の侵害も極めて軽微なものに過ぎない。
 さらに,被告人らによるビラの投函自体は,憲法21条1項の保障する政治的表現活動の一態様であり,民主主義社会の根幹を成すものとして,同法22条1項により保障されると解される営業活動の一類型である商業的宣伝ビラの投函に比して,いわゆる優越的地位が認められている。そして,被告人らの本件ビラ配布と同様の態様でなされた商業的宣伝ビラの投函に伴う立ち入り行為が何ら刑事責任を問われずに放置されていることに照らすと,被告人らの各立ち入り行為につき,従前長きにわたり同種の行為を不問に付してきた経緯がありながら,防衛庁ないし自衛隊又は警察からテント村に対する正式な抗議や警告といった事前連格なしに,いきなり検挙して刑事責任を問うことは,憲法21条1項の趣旨に照らして疑問の余地なしとしない。
 以上,諸般の事情に照らせば,被告人らが立川宿舎に立ち入った行為は,法秩序全体の見地からして,刑事罰に処するに値する程度の違法性があるものとは認められないというべきである。」としていました。

二審判決は、
「宿舎管理者が立ち入り禁止表示板を掲示したのに立ち入りした。居住者から抗議されたのにビラの投函を続けた。」から態様は相当ではないと判示しました。

こういう評価の分かれ目は、私はありうるとは思いますが、
それにしては二審の量刑が変ではないでしょうか。

被告1人は罰金10万円であり、未決勾留日数20日(1日5000円)を算入して、実質ゼロになり、あと2人は罰金20万円あるが、同じく実質10万円になったのです。

しかし、被告らは75日間勾留されています。
もし5000円で換算するなら37万5000円です。罰金10万円や20万円を払ってまだ釣り銭をもらわないといけないのです。

私が、経験した、ピンクちらしをマンションのドアポストに投函して住居侵入罪に問われた事案では、現行犯逮捕されたものの、48時間で釈放され、罰金10万円でした。

二審のように、とにもかくにも他人のドアポストにチラシを投函するのがいけないというならば、それはそれで一貫しますが、せいぜい罰金10万円の事案です。

そんな軽微な事案について、警視庁公安部が逮捕令状を取って3人逮捕し75日間も勾留する必要はないはずです。

その捜査の異常性を二審は見ていないと思います。
二審判決は木を見て森を見ずと批判されてもしかたないでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:犯罪 - ジャンル:政治・経済
憲法    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/8-1c5a1840
◆ 逆転有罪
関西合同法律事務所の弁護士井上直行です。一審無罪判決破棄、被告3人に罰金刑 立川ビラ配布訴訟ー朝日新聞2005年12月09日東京都立川市の防衛庁宿舎で、自衛隊のイラク派遣に反対するビラをまいて住居侵入罪に問われ、一審で無罪となった市民団体「立川自衛隊監視テ...
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ 2006.01.25 Wed 22:44

Top↑