大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
最新記事
2016.08.24 Wed
県立高校のテニス部の屋外の練習中に部員が倒れて心停止となり重度の後遺症が生じた事故について顧問の教諭の注意義務違反を認めて損害賠償金の支払を命じた事例
県立高校のテニス部の屋外の練習中に部員が倒れて心停止となり重度の後遺症が生じた事故について,原判決を取り消し,熱中症の罹患による重度の心筋障害が心停止の原因であると認め,顧問の教諭の注意義務違反を認めて損害賠償金の支払を命じた事例

大阪高等裁判所平成27年1月22日判決
判例時報2254号27頁

ア 校外での練習への立会義務違反の有無について
   控訴人は,本件事故を予見できたにもかかわらず,自ら本件事故当日の部活動に立ち会うことなく,また,代わりに立ち会う教諭を手配することをしなかったことから,教諭には,立会義務違反があると主張する。
   課外のクラブ活動が本来生徒の自主性を尊重すべきものであることにかんがみれば,何らかの事故の発生する危険性を具体的に予見することが可能であるような特段の事情のある場合は格別,そうでない限り,顧問の教諭としては,個々の活動に常時立ち会い,監視指導すべき義務までを負うものではないと解するのが相当であり,これは校外での部活動でも基本的に変わるものではない。

イ 生徒の体調等に配慮した練習軽減措置等の義務違反の有無について
 顧問が練習メニュー,練習時間等を各部員に指示しており,各部員が習慣的にその指示に忠実に従い,練習を実施しているような場合には,顧問としては,練習メニュー,練習時間等を指示・指導するに当たり,各部員の健康状態に支障を来す具体的な危険性が生じないよう指示・指導すべき義務があると解するのが相当である。
 熱中症の危険因子としては,スポーツの強度や負荷の程度が重要であることはいうまでもないが,このほか,①気温・湿度,②暑さに対する慣れ(暑熱馴化),③水分補給,④透湿性・通気性の良い帽子・服装の着用,⑤生活習慣(睡眠不足,風邪,発熱,下痢などの体調不良等)が発症に影響を及ぼす要因になると考えられる。
 平日の練習が午後4時から午後6時30分までであったものが,それを超過する3時間程度のものになっていた上,通常の練習の時間帯よりもより日差しが強くなりやすい時間帯に設定されたことを考慮すると,その練習メニューは,女子高校生である部員らに対する負荷の程度は相当に重いものであったというほかない。
 さらに,本件練習当日は,本件高校の定期試験の最終日であり,生徒である部員らがその試験勉強のために十分な睡眠をとることができていない可能性があることは教諭も認識していたことが認められる。
 また,本件事故当日は初夏であり,既に前日等において当該地域では25度を超える気温となっており,当日は天候も良く,本件テニスコート内の気温が上昇して30度前後となるであろうこと,本件テニスコート内にはめぼしい日陰もなかったこと,控訴人が帽子を着用していなかったことについても,練習当初の約30分間指導していた教諭は認識し,少なくとも十分に認識し得たといえる。加えて,当時キャプテンになったばかりであった控訴人にとっては,本件事故当日は,教諭がほとんど立ち会わない中でキャプテンとして部員らを指示しながら練習をした初めての日であるから,その練習の配分の指示や段取り等に馴れていなかったと考えられ,その真面目な性格に鑑みても,教諭の事前のメモによる指示に忠実に従い,無理をしてでも,率先して練習メニューをこなそうとすることが教諭において想定できたと認められる。
 以上の各事情を踏まえると,本件練習に立ち会うことができず,部員の体調の変化に応じて時宜を得た監督や指導ができない以上,教諭においては,控訴人を含めた部員らの健康状態に配慮し,本件事故当日の練習としては,通常よりも軽度の練習にとどめたり,その他休憩時間をもうけて十分な水分補給をする余裕を与えたりするなど,熱中症に陥らないように,予め指示・指導すべき義務があったといえる。
  それにもかかわらず,教諭は,通常よりも練習時間も長く,練習内容も密度の高いメニューを控訴人に指示した上,水分補給に関する特段の指導もせず,水分補給のための十分な休憩時間を設定しない形で練習の指示をしていたことが認められる)。
 したがって,教諭は,上記義務に違反したものというほかない。

顧問教諭に、練習常時立ち合い義務があることは否定しましたが、生徒の体調等に配慮した練習軽減措置等の義務のあることは認め、熱中症の危険因子に照らして、当日の練習軽減措置義務違反を認定しました。





スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
教育・学校    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/400-78293f7b

Top↑