大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
2014.11.20 Thu
未払いの給料があるのに、会社が破産したら
破産手続きの中で、会社の破産管財人が労働者と賃金を調べて、債権届を出すよう促します。
破産会社にある程度の財産が残っている場合は、優先的に配当を受けることができます。
破産した会社に財産がないために未払賃金の配当を受けられない場合には、「未払賃金立替払制度」を利用します。
この場合、賃金台帳などの資料が重要になります。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
労働    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/380-42e1726e

Top↑