大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
最新記事
2014.11.17 Mon
上司が代わってから、ひどいいじめにあって
上司などがその立場を背景として行ういじめはパワーハラスメントと呼ばれています。
村八分にしたり、必要のない業務を命じたり、業務の分担に差別を設けたり、退職を強要したり、誹謗・中傷を繰り返したりなどなど、態様はさまざまですが、労働者の人格権を侵害するという点で共通しています。
直接の加害者である上司に対してはもちろん、会社に対しても、職場環境保持義務違反として、損害賠償を請求できることになります。
いじめによる配転命令などは無効となる場合があります。
いじめにより精神疾患を患ったと認められる場合には労災補償を受けることもできます。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
セクハラ・パワハラ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/378-b57e9d0b

Top↑