大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
2014.11.14 Fri
保険会社が治療費は健康保険を使うように言ってきたら
過失相殺など、割合的に貴方の損害賠償額が減額される場合は、健康保険を使うほうが有利です。
健康保険を使わない自由診療の場合、医療費が10倍ほどに跳ね上がることもあるからです。

簡単な例を挙げてみましょう。
あなたの治療費が健康保険を使った場合は10万円、使わない場合は100万円、治療費以外の損害が100万円、貴方に過失が5割あったと仮定します。
健康保険を使った場合は、貴方の損害額は110万円で、過失5割では、損害賠償額は55万円です(110万×0.5)。10万円の治療費を払っても、貴方の手許には45万円が残ります。
ところが、健康保険を使わない場合は、貴方の損害額は200万円となりますが、損害賠償額は100万円です(200万×0.5)。100万円の損害賠償が支払われても、すべて病院の支払いに消え、貴方の手許には1円も残りません。

交通事故の場合は、健康保険が利用できないというのは嘘です。第三者行為による手続をしたうえで健康保険を利用しましょう。保険会社や事故の態様によっては、貴方が窓口で負担した治療費を、すぐに保険会社が支払ってくれる場合が多いです。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
事故    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/377-2e060ef4

Top↑