大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
最新記事
2016.10.15 Sat
シルバー人材センターと会員の関係は雇用契約ではなく請負契約であるが、注文者が請負人を直接間接に指揮監督して工事を施工させているような場合は注文者は使用者責任を免れないとして、会員の不法行為につきシルバー人材センターの使用者責任を認めた事例
 シルバー人材センターと会員の関係は雇用契約ではなく請負契約であるが、注文者が請負人を直接間接に指揮監督して工事を施工させているような場合は注文者は使用者責任を免れないとして、会員の不法行為につきシルバー人材センターの使用者責任を認めた事例

大阪地方裁判所平成14年8月30日判決
労働判例837号29頁

 請負人は、その判断と責任において仕事を遂行するのが原則であるから、注文者との間には使用関係はないのが通常である(民法716条本文参照)が、注文者が請負人を直接間接に指揮監督して工事を施工させているような場合には、注文者と請負人の間には実質的な使用関係があるものとして、請負人の不法行為について注文者は使用者責任を免れないと解するのが相当である。

 被告は、各会員の作業それ自体について個々具体的な指揮監督関係があったかどうかはともかくとして、会員の提供する労務の品質の保持を図るため、班長に対しては請負人である天王寺動物園清掃班班員の作業時間作業内容などについて連絡調整や作業指導状況報告をさせ、これをもって管理・監督を行わせていたのであるから、班長が行うべきものとされた前記業務との関係においては、被告との間に実質的な指揮監督関係があったと評価せざるを得ない。


シルバー人材センターでは全国で80万人の人(会員)が働いています
センターと会員とは請負または委任の関係とされているので、事故が発生した場合に問題が生じます。契約の形式ではなく、実質に即した法理が必要となります。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
労働    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/365-d028be87

Top↑