大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
最新記事
2011.12.14 Wed
冠婚葬祭積立 途中解約「手数料は無効」 京都地裁判決
引用
出典:冠婚葬祭積み立て 途中解約の手数料は無効-2011.12.13産経新聞
冠婚葬祭費を積み立てる互助会契約を中途解約した場合、高額な手数料を取るのは違法として、NPO法人「京都消費者契約ネットワーク」(京都市)が冠婚葬祭会社「セレマ」(京都市)に解約手数料条項の破棄などを求めた消費者団体訴訟の判決が13日、京都地裁であった。瀧華聡之(たきはな・さとし)裁判長は条項の大部分を無効とし、請求を認める判決を言い渡した。互助会の解約手数料を無効とする判決は全国初という。

 判決によると、同社の互助会契約は、消費者が将来の冠婚葬祭に備えて1口100~200回の分割払いで10万~50万円を積み立てる内容。途中解約した場合、「所定の手数料」の名目で差し引かれた金額が払い戻されるが、積み立てが9~13回以下で解約すると一切返金されない仕組み。

 瀧華裁判長は「解約手数料を算定する根拠が具体的に明らかになっていない」と指摘。同社が手数料にあたると主張する設備準備費などについて「消費者1人が解約したことで生じる費用とはいえない」と退け、同社が負担する1回58円の振り替え手数料のみを認めた。

以上産経新聞より

冠婚葬祭の互助会の積み立てについては、
途中解約での払い戻しが、
一定回数以下の時は0円
それ以上の回数でも控除率が大きいという問題があります
ところが、満額でも20万円~30万円であり、個々人で争うには少額で、問題が表面化しにくかったのが現実です
これを機会に、互助会すべてで、約款を見直すべきでしょう
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済
消費生活    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/336-ba0b787a

Top↑