大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
最新記事
2011.11.24 Thu
非常上告
引用
出典:検事総長、無罪求める異例の非常上告-2011年11月24日 読売新聞
行政書士の資格がないのに家系図を作成して報酬を得たとして行政書士法違反に問われた北海道内の男性(29)が昨年12月、最高裁で逆転無罪とされたことを受け、検事総長が、共犯とされた元行政書士ら2人への罰金50万円の略式命令を破棄し、無罪とするよう求める「非常上告」を最高裁に申し立てていたことが分かった。来月9日、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)で弁論が開かれる。非常上告は、判決文の誤記などの手続きミスについて行われることが多いが、共犯の無罪判決を受けての申し立ては異例。
以上 読売新聞より

刑事訴訟法
第454条 検事総長は、判決が確定した後その事件の審判が法令に違反したことを発見したときは、最高裁判所に非常上告をすることができる。

非常上告の目的は、法令解釈適用の統一にあるとされ、事件の具体的救済は付随的効果に過ぎないとされているが、
共犯間で差が生じるのは正義に反するから救済は当然必要であろう。
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済
刑事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/335-27c5cc99

Top↑