大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
最新記事
2011.09.30 Fri
子会社の「クオークローン」の過払い金債務を 「プロミス負担」  最高裁判決
引用
出典:日本経済新聞
消費者金融大手のプロミスがグループの事業再編の一環で、子会社の「クオークローン」(廃業)の契約をプロミスの契約に切り替えるなどした際、過払い金返還債務も引き継いだかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は9月30日、プロミスが返還義務を負うとの判断を示めした。
以上 2011年9月30日日本経済新聞

最高裁判所は、
「以上の事情に照らせば,上告人と被上告人とは,本件切替契約の締結に当たり,被上告人が,上告人との関係において,本件取引1に係る債権を承継するにとどまらず,債務についても全て引き受ける旨を合意したと解するのが相当であり,この債務には,過払金等返還債務も含まれていると解される。」
と判示している。

取引経過から債務引き受けの意思があったというように解釈しているが、実態に即した妥当な判断だといえよう。
営業譲渡・業務提携・債権譲渡を巡っては、過払金債務を排除する明文があることも多く、より実態に即した判断が求められるだろう。
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済
カードサラ金借金    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/331-496df657

Top↑