大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最新記事
2011.02.17 Thu
甘い匂いと損害
引用
出典:「甘いにおい」訴訟が和解 製菓会社が住民に解決金ー2011年2月16日 共同通信 
菓子特有の「甘いにおい」で苦痛を受けたなどとして、京都市の製菓会社「石田老舗」の工場(2008年に移転)周辺に住む17人が同社に損害賠償を求めた訴訟は、会社側が解決金100万円を支払うことで大阪高裁で和解が成立した。訴訟関係者への取材で16日、分かった。
 和解は14日付。住民側の弁護士は「一審判決の認定には大きな意義があり、尊重する形で和解することとした」、石田老舗は「音やにおいが『公害』だったとは一切考えていないが、いつまで争ってもらちが明かず、裁判所の勧めに応じた」とそれぞれ話している。
 一審京都地裁判決などによると、同社は05年2月~08年6月、京都市南区で工場を操業し、そばぼうろやフィナンシェなどを製造。その際、あめやカステラ、バターのようなにおいが発生した。また、建築基準法の規制に反して高出力の機械を使用し、市は是正勧告や命令を出したが、状況は改善されなかった。
 一審判決は、甘いにおいに対する規制基準はなく、不快に感じるかどうかは個人差が大きいとした上で「長期間継続すればかなりの苦痛になる」と指摘。今回のケースを「受忍限度を超えていた」と認め、騒音被害と合わせた慰謝料など計約280万円の支払いを命じた

以上 共同通信より引用

匂いによる損害というのは、いくらなのでしょうか
近隣住民の当初請求が1人3年間で約100万円(1日約1000円)
京都地裁の認容が1人3年間で約15万円(1日約150円)
大阪高裁の和解が1人3年間で約5万円(1日約50円)

工場が移転したので、継続的に匂いが続いているわけではないという事情を考えても
1日約50円は低すぎると思われる
不快感は個人差があるにしても、苦痛であることに変わりがないので1日約500円は必要だと思われる
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済
環境    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/329-0de119b5

Top↑