大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
最新記事
2009.02.28 Sat
福岡高裁判事を準強制わいせつ罪で起訴
引用
出典:準強制わいせつ罪で福岡高裁判事を起訴 宮崎地検ー2009年2月28日西日本新聞

宮崎地検は27日、高速バス内で女性の体を触るなどしたとして、準強制わいせつ罪で、福岡高裁宮崎支部判事の一木泰造容疑者(52)を宮崎地裁に起訴した。
 起訴状によると、一木被告は今月8日午後9時ごろ、熊本県人吉市の九州自動車道加久藤トンネル付近を走行中の高速バス内で、眠っていた隣席の女子短大生(19)の下半身を触るなどしたとされる。
 捜査関係者によると、女性のズボンなどから一木被告とほぼ同じDNA型の皮膚片を採取。一木被告は逮捕当初否認していたが、捜査段階で「被害者に申し訳ない」と容疑を認める供述をしたという。一木被告は「家族に迷惑がかかると思った」と話しているという。
 福岡高裁によると、一木被告から退官願が出されており、取り扱いを留保しているという。同高裁の平田豊事務局長は「現職の裁判官が起訴されたことは、誠に遺憾である」とのコメントを出した。
=2009/02/28付 西日本新聞朝刊=


逮捕のニュースが流れたときに、まさか現職の高等裁判所裁判官が・・ なにかの間違いではないか・・とも思ったが、本人も事実関係を認めているという。
痴漢加害者は、職業・年収・地位を問わず、どこにでもいるということだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済
裁判    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/305-97235815

Top↑