大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
最新記事
2008.05.23 Fri
消費者金融クレディア
引用
出典:クレディア再生計画案 弁済率は40%、30万円以下は全額ー2008年5月23日中日新聞
民事再生手続き中の中堅消費者金融クレディア(静岡市駿河区)は22日、東京地裁に提出した再生計画案の概要を発表した。債務返済の割合を示す弁済率は40%とし、30万円以下の少額債権については、過払い金(払い過ぎた利息)も含め全額返還することを盛り込んだ。計画案は提出期限の21日に提出した。

 届け出を済ましていない過払い債権者に対しても、請求があれば応じる。同社によると、過払い金の三分の一近くが30万円以下の少額債権で、「過払い債権者の三分一には全額弁済され、ほぼ半分の債権者が届け出債権額の三分の二以上の額の弁済を受けることができる」と過払い問題への配慮を強調する。

 クレディアはスポンサー企業で同業のかざかファイナンス(東京都港区)と協力して計画案を策定。クレディアは、かざかが設立する子会社に全事業を譲渡し、その対価で債権者に一括弁済する。

 クレディアは8月下旬に予定している債権者集会で計画案の同意を得て、9月に計画決定、12月下旬をめどに一括弁済する考え。現役員は全員退任する予定。

 これまでに届け出た過払い債権者は約1万1700人(4月30日時点)で、1月下旬の公表より2000人以上増えている。

以上中日新聞より引用

届け出があった過払い利息は8800件、約65億円だそうで、すべての過払い債権者が届け出をしているとはいえず、救済されない部分が残ってしまいます。
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済
カードサラ金借金    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/289-bb5114cd

Top↑