大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最新記事
2008.04.02 Wed
従業員へのパワハラ 鳥取三洋電機に300万円命令
引用
出典:従業員へのパワハラ 鳥取三洋などに300万円命令ー日本海新聞2008年4月1日
ののしられたり通常とは異なる業務をさせられて精神的苦痛を受けたとして、鳥取三洋電機(鳥取市)の女性従業員(50)が同社と当時の上司、人事担当者に慰謝料800万円の支払いなどを求めた訴訟の判決が31日、鳥取地裁であり、亀井宏寿裁判官は「従業員の地位を脅かす嫌がらせ(パワーハラスメント)があった」と認め、同社などに300万円の支払いを命じた。

 判決によると、人事担当者は2006年6月16日、「不用意な言動は一切しないでくれ。分かっているのかって聞いているだろ」などと女性をののしった。同年7月3日には上司が、自己研さんとして社内規定を精読するよう指示し、同月11日に女性を清掃業者に出向させた。

 亀井裁判官は「人事担当者が出向先の担当者に対し女性の評価を低く査定するよう求め、その査定を受けて給料を一方的に減額したことを正当化しており、組織的な嫌がらせといえる」と指摘した。

以上日本海新聞より引用

判決によると、嫌がらせを繰返しかつエスカレートしており、典型的なパワーハラスメントといえるでしょうね
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済
セクハラ・パワハラ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/275-7eba12c3

Top↑