大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
2008.04.04 Fri
猟銃の所持許可、厳格化へ ストーカーやDVを欠格条項に
引用
出典:猟銃の所持許可、厳格化へ ストーカーやDVを欠格条項にー2008年04月03日朝日新聞
警察庁は3日、猟銃所持の許可要件の厳格化に向け、銃刀法を改正する方針を固めた。ストーカー行為やドメスティックバイオレンス(DV)などを引き起こした人に所持を認めず、必要に応じて精神科医の診断を受けさせることを検討している。猟銃規制をめぐる本格改正は80年以来で、次期国会への改正案提出を目指す。

今回の改正では、▽ストーカー行為▽DV▽銃の使用、不使用を問わず殺人など凶悪犯罪での摘発▽経済的な破綻(はたん)▽自殺の恐れを新たに欠格条項に盛り込む方針。男女間トラブルや借金問題がきっかけとなった銃犯罪や猟銃自殺が起きているためだ。現行の欠格条項は、アルコールや薬物中毒、精神病、銃を使った重大犯罪を起こした、住所不定などとなっている。

 このほか、許可の取り消し処分を受けた人が再申請できない期間(5年)を延長するほか、銃所持の適格性を調査する権限を明確化し、必要に応じて精神科医の受診を命じることができるようにする。多発する高齢者による事故を防ぐための認知機能検査や危険回避のための一時保管制度の導入も検討する

以上朝日新聞より引用

事務員:せんせぇ 日本テレビから電話がかかってますよ
弁護士:にほんてれびってなにや
事務員:東京のテレビ局だそうで、せんせぇのブログを読んで、電話してきたそうです

弁護士:はい弁護士の井上です
テレビ:日本テレビのニュースゼロです
弁護士:桜井翔さんが月曜日にキャスターしてる番組ですな 見てまっせ
テレビ:ありがとうございます コメントをいただきたいのですが可能でしょうか
弁護士:コメント・・ってどういうこと?
テレビ:電話でコメントをしていただいて、その録音を映像のうしろ流したいのですが
弁護士:いきなり言われてもムリでっせ なにを聴きたいの

テレビ:警察庁が猟銃の許可を厳格化するため銃刀法を改正すると発表したのですが、30年ぶりの法改正の背景にあるのはなにでしょうか
弁護士:そんなもんに、今すぐコメントできる人なんか いてへんでぇ
テレビ:ストーカー行為、DV、経済的な破綻というのどうですか
弁護士:制限する合理的関連性があるのか単純にはいえないでしょ 多重債務だから猟銃を所持するのは危険だといえるのでしょうかね
テレビ:単純にはいえないんですかぁ
弁護士:コメントとるなら、大日本猟友会に聴いた方がいいのんちゃう
テレビ:だいにほん・・・・
弁護士:狩猟者の団体です 猟銃を使っている人から聴いたほうがいいでしょ
テレビ:ありがとうございました
弁護士:今日の電話を放送につこたらあかんでぇ
テレビ:ハイ わかりました
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済
刑事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/273-400aea68

Top↑