大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最新記事
2005.12.28 Wed
書評:転落弁護士
2005年もあと4日ですね。
関西合同法律事務所は、12月28日(水)午前12時で業務終了です。
2006年は1月6日(金)午後1時30分から業務開始です。

最近どれくらいの弁護士が逮捕されたのでしょうか?

2004年8月偽証教唆で逮捕(京都)
2004年8月業務上横領で逮捕(茨城)
2004年11月公文書偽造で逮捕(大阪)
2004年11月業務上横領で逮捕(山梨)
2005年1月暴力行為で逮捕(大阪)
2005年6月暴力行為で逮捕(仙台)
2005年11月弁護士法違反で逮捕(大阪)
2005年12月痴漢で逮捕(東京)

多すぎる!!
大阪が突出してるじゃあ~りませんか?!

転落弁護士―私はこうして塀の中に落ちた 転落弁護士―私はこうして塀の中に落ちた
内山 哲夫 (2005/07)
講談社

この商品の詳細を見る



著者は、元東京弁護士会所属の弁護士。
顧客の5000万円を横領して逮捕され、恩師の弁護士の努力で、執行猶予となるが、
また恐喝事件を起こして、逮捕 今度は実刑になり、甲府刑務所に服役した。
その経験を書いたのが、この「転落弁護士」です。

なぜ、弁護士が顧客の金に手をつけることになるのか?
ー他の職業と大差ないですが 金と女です。
その詳細を書いていて興味深いです。

逮捕されるとどうなるのか?
ー逮捕・勾留質問・留置場・拘置所・刑務所
弁護士の視点で、詳しく書いてますから、
法学を学ぶ人たちには必読ではないでしょうか。

代議士が選挙に落ちたらタダの人ですが、
弁護士がバッチを失ったら何して生きていくのか?
ー事件屋の手先しかないのか!
ここは、新人弁護士なんか読んだらいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済
書評    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/26-3474054f

Top↑