大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
最新記事
2008.02.21 Thu
示談したあとで請求できるか
引用
出典:阪急バス 急発進で転倒女性と和解大阪地裁ー2008年2月19日産経新聞
バスに乗車しようとした際に急発進したため路上に転倒し、肩に痛みが残ったとして、兵庫県尼崎市の60代の女性が「阪急バス」(大阪府豊中市)と運転手を相手取り、約2700万円の損害賠償を求めた訴訟が、同社側が賠償金として約1350万円支払うことなどを条件に、大阪地裁(金地香枝裁判官)で和解した。

 訴状によると、女性は平成13年6月、大阪府吹田市内の停留所で、同社の路線バスの昇降口ステップに足をかけたところ、急発進し、路上に転倒。首をねんざするなど約1週間のけがを負い、同社が100万円支払うことで示談が成立した。

 しかし女性はその後も肩に痛みが残り、検査したところ、両肩の腱が断裂していることがわかった。このため同社に治療費などを求めたが折り合いが付かず、女性が昨年2月に提訴した。

 同社側は、腱の断絶は事故から約3年経過していたことから「老齢化によるもの」と主張。これに対し、金地裁判官が「事故が原因とみるのが相当」として和解勧告したため、先月15日に和解が成立した。

以上 産経新聞から引用

事故後に100万円で示談してしまったあとで、肩の腱の断裂が判明したときに、さらに損害賠償請求できるのだろうか?
先の示談は、そのときにわかっていた傷害を前提にしたものだから、想定外の傷害が判明したときは、別個に請求できることになる。
スポンサーサイト

テーマ:法律全般 - ジャンル:政治・経済
事故    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/255-e01c10c7

Top↑