大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
最新記事
2008.02.10 Sun
ペットに遺産は残せるか
引用
出典:愛するペット困らぬようにー2008年2月9日 読売新聞
民法上、ペットに直接遺産を残すことはできないため、ペットの世話をしてくれることを条件に、家族以外の人に遺産を贈るという内容の遺言書を作るケースも出てきた。少子高齢化で独り暮らしのペット愛好者も増える中、ペットへの“遺産相続”の問題に関心が高まりそうだ
以上 読売新聞より引用

弁護士としては、ペットに遺産は残せるかという相談を受けたことはないが、そういう希望は多いようだ。
負担付遺贈という形で、法律上は可能であろう。ペット自体も寿命は10年程度だろうから、負担の内容もある程度具体的に想定できるだろう。あとは、だれが引き受けてくれるか、その人に信頼をどの程度置けるかが問題となろう。
スポンサーサイト

テーマ:社会 - ジャンル:政治・経済
遺言    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/253-74b47ffc

Top↑