大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
最新記事
2008.02.05 Tue
盲導犬の交通事故
引用
出典:盲導犬犠牲で損賠提訴ー2008年2月5日東京新聞
目の不自由なお年寄りをかばい、トラックにはねられて死んだ盲導犬を訓練・無償貸与していた財団法人「中部盲導犬協会」(名古屋市)が、高知県のトラック運転手と運送会社に対して計約540万円の損害賠償訴訟を名古屋地裁に起こしていたことが4日、分かった。以上 東京新聞より引用

犬は法律的には動産ということですから、同種の動産を再調達するのに必要な金額が賠償額になるでしょう。
盲導犬1頭を養成するのに、どのくらいの金額がかかるのかとインターネットで調べてみると、300万円という金額がでています。それだけ貴重な動産ということです。裁判になるというのは、加害者側の保険との関係でその辺の理解が共有できないということかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:法律全般 - ジャンル:政治・経済
事故    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/250-c512e471

Top↑