大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
2007.06.06 Wed
セクハラ弁護士
引用
出典:研修中の女性にわいせつ行為、弁護士を除名…大阪 2007年6月6日 読売新聞
研修中の女性にわいせつ行為をし、捏造(ねつぞう)した陳述書を提出したとして、大阪弁護士会は5日、所属する西垣泰三弁護士(54)を除名処分とした。西垣弁護士は否認しているという。

 同弁護士会によると、西垣弁護士は2004年9月、事務所で研修中の20歳代の女性をドライブに誘い、兵庫県内の駐車場に止めた車の中で女性にキスするなどしたうえ、ホテルに連れ込んで衣服を脱がせた。女性はドライブ中、シャンパンを飲まされ、酔って意識を失っていたという。
以上 読売新聞より引用


昨年1年間で5名の逮捕者を出した大阪弁護士会が、今度は「わいせつ弁護士」を除名したという。止まることを知らない不祥事続きである。

西垣弁護士を巡っては、1998年にも別の女性からセクハラの被害相談があったが、大阪弁護士会は事実が確認できないとして処分はしていなかったというから弁護士会の自浄作用もないに等しい。
スポンサーサイト

セクハラ・パワハラ    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
“先生”は信じられない?! Posted by 日本橋
こういうお仲間を弁護士さんたちはどう思っておられるのか?

「李下に冠をたださず」

清く正しくの精神をお忘れなく。
一般人より厳しい倫理観を求められているのが弁護士先生じゃないですか?ね?弁護士法にも書いてある。

今回は公になり、除名処分になったものの、法律事務所というのは案外セクハラ&パワハラの起こりやすい(起こっても隠蔽しやすい)環境なのではと思います。

法律事務所ってどうしてうら若き女性事務員さんが多いのでしょう。ベテランさんの数が少なくないですか?
大学や研究所の秘書さんたちの職場環境に似ているものを感じます。(あそこも人目がない分、セクハラの温床となりやすい)

2007.06.13 Wed 00:27 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/232-9db36ae5

Top↑