大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
最新記事
2006.06.30 Fri
罰金10万円の執行猶予
罰金10万円の執行猶予というのは、珍しい判決です。

罰金10万円くらいほとんどの人が払う資力はあるんですから
わざわざ執行猶予にしてもらう必要なんてないのが普通でしょう。

また そんな軽い軽い判決を得るために費やした捜査・起訴って
費用対効果でなんらかの意味があるんでしょうかね。

引用
出典:政党機関紙を配布した社保庁職員に有罪判決 東京地裁ー2006年06月29日朝日新聞

03年の衆院選前に共産党の機関紙を配ったとして、国家公務員法(政治的行為の制限)違反の罪で在宅起訴され、無罪を主張した厚生労働事務官、堀越明男被告(52)=現・社会保険庁東京社会保険事務局勤務=に対し、東京地裁(毛利晴光裁判長)は29日、罰金10万円、執行猶予2年(求刑・罰金10万円)の有罪判決を言い渡した。被告側は控訴する方針。


この事件は、北海道猿払村で郵政事務官が旧社会党の選挙ポスターを配るなどした猿払事件の最高裁判決(1974年)以来、30年ぶりに国家公務員法(政治的行為の制限)で国家公務員が起訴されたケースとされています。

30年ぶりに向けて警視庁公安部の捜査員が堀越事務官を長期間尾行し、ビデオ撮影したそうで、判決は、配布と関連の薄い党事務所への出入りについては「犯罪を立証する上で重要とは言えず、撮影は限度を超えている」と述べ、違法認定しました。

公安部というのは、目の前で自らが「違法」と思う行為が行われようとしていても、注意も警告もせず、ビデオ撮影するだけなのでしょうか。
何のために?
公安部組織自身の存続を確保するためでしょうか?

では、検察官は何のために起訴したんでしょうか?
公安部がせっかく撮影したビデオがもったいないから
公安部から売り込まれた事件をお断りすることができないから
でしょうか?
スポンサーサイト

刑事    Comment(1)   TrackBack(1)   Top↑

Comment
Posted by murriel
通りすがりのものです。

この事件、知っていましたが、地裁判決で有罪になったのには驚きました。

職場ではないし、公務員という権限を使って政治的活動をおこなったわけではないのだから、国家公務員法に違反するのは、素人目に見てもおかしいのですが、いかがでしょうか。

こういうので有罪になるんだったら、公務員の労働組合である自治労の民主党応援や推薦候補者支援も明らかに違法になるのではないでしょうか。
2006.07.01 Sat 17:55 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/172-c5f3dd5e
堀越事件不当判決!
 社会保険庁職員の堀越さんが休日に職場と無関係の地域で、「しんぶん赤旗」号外ビラを配布した行為が国家公務員法(政治的行為の禁止)に違反するとして起訴されていた事件で、東京地裁(毛利光晴裁判長)は、罰金10万円・執行猶予2年の有罪判決を言い渡しました。朝..
ろーやーずくらぶ 2006.06.30 Fri 13:15

Top↑