大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
最新記事
2006.06.27 Tue
THE WINDS OF GOD 書評
THE WINDS OF GOD―零のかなたへ THE WINDS OF GOD―零のかなたへ
今井 雅之 (2001/04)
角川書店

この商品の詳細を見る


THE WINDS OF GOD は、役者今井雅之が原作・演出・主演した同名の演劇を小説化したものです。

2001年の売れない漫才コンビの兄貴と金太が、自転車に2人乗りして信号無視しトラックに轢かれます。
どうしたことか、二人は、太平洋戦争中の1945年8月にタイムスリップしたうえに、特攻隊員の岸田中尉と福元少尉に憑依してしまいます。

戦争を知らない漫才師と戦争を生きざるを得ない特攻隊員
アメリカにぼろ負けしたことを知る漫才師と戦況が苦しくとも勝利を信ずる特攻隊員
死したくない漫才師と死をめざす特攻隊員

価値観も時代認識も違う2つの人格が、1人の人間の中で、掛け合い漫才のようにディベートするという構成で、おもしろく考えさせられます。

答えは、二通り用意してあります。
金太は福元少尉となって特攻出撃に志願し、死にます。
死を受け入れられない兄貴は岸田中尉にはなりきれず、21世紀に戻って生きます。

スポンサーサイト

書評    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/171-dfcff281

Top↑