大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最新記事
2006.06.15 Thu
遅すぎる
遅すぎる裁判は、裁判の拒否と同じ!
だから、憲法では迅速な裁判を受ける権利を保障しています。

それは、裁判だけには限りません。

一番遅いのはなんでしょうか?

労働保険審査会への労災の再審査請求でしょうかね。

とにかく遅い! 問い合わせしても時期の見込みすら教えない!

引用
出典:労災の審査期間長すぎる 50代女性が提訴 ー2006年6月13日産経新聞

労働保険審査会(東京都港区)が労災認定の審査請求から6年以上も結論を出さないのは行政の不作為に当たるとして、東京都内の50代の女性が13日、国を相手取り、同会の違法行為の確認を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告代理人によると、同会の違法行為確認訴訟は全国初。
 
 訴えによると、女性の夫=当時(47)=は平成7年、勤務先のパリで死亡。女性は12年4月、労災と認めなかった決定を不服として審査会に再審査を申請したが、今も結論が出ていない。

 労働保険審査会によると、17年度末現在の未処理案件は1193件で、5年度末の644件から倍増。同会は9人の審査委員と15人の事務官で案件を処理しており、「申請件数が多いのでたまってしまう」と時間がかかる理由を説明している。
以上 産経新聞より引用


平成12年4月に再審査請求して、今が平成18年6月ですから、結論が出ず、6年以上経っているのは異常すぎますね。
スポンサーサイト

労働    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/162-13ad87b2
再審査請求6年放置 不作為の違法確認の訴え
 過労死について業務外であるとの労働基準監督署長の認定の再審査を労働保険審査会求めたのに、6年も何らの処分もなされないのは違法であるとして、遺族が「不作為の違法確認の訴え」を提起しました。毎日新聞 なお、現在、総務省にて、「現行行政不服審査制度の改善...
ろーやーずくらぶ 2006.06.16 Fri 21:53

Top↑