大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
2006.05.09 Tue
住宅用火災警報器
悪質販売にご注意ください。

消防法・条例の改正で、住宅用火災警報器を設置しなければならなくなりました。

これは、新築住宅は平成18年6月1日からですが、

既存の住宅は5年後の平成23年6月1日からです。

あわてて設置する必要はまったくありませんし、
ホームセンターに行けば数千円で売ってます。

既存住宅の居住者に対する悪質販売が頻発していますので
注意が必要です。

引用
出典:火災警報器、悪質販売ご注意ー(2006年5月9日読売新聞

茨城県常総市では4月15日午後2時半ごろ、民家を黒っぽい作業服姿の男が訪れ、家に上がり込んだ。男は、応対したお年寄りの女性に消防署員のようなふりをして「法律改正で火災警報器を3個取り付けなければいけません」などとうそをつき、3個分として28万3400円を請求。女性がその場で払うと、男は「領収書を取ってくる」と言って立ち去り、そのまま戻らなかったという。

 岐阜県各務原市では4月5日、一人暮らしの高齢者2人が「市役所の者」などと名乗る男の訪問販売を相次いで受けた。1人は断ったが、もう1人は粗悪な火災警報器に1万円を支払ったという。

 火災警報器は電器店やホームセンターなどで販売されており、1個5000円~1万5000円が相場。
以上読売新聞から引用
スポンサーサイト

消費生活    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/140-55ca01e2

Top↑