大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
最新記事
2006.05.02 Tue
遺産
遺産ってどのくらいなんでしょうか?

相続税法では基礎控除として、5000万円+1000万円×法定相続人数が
認められていますから、大多数の国民はこの程度の遺産は残すということなんでしょうか?

格差拡大社会で、一方でそれでは足りない人もありながら
大多数の人はそれに達するほどの遺産もないのではないでしょうか。

引用
出典:毛沢東のナゾ解明 “遺産”は約20億円ー2006年05月01日産経新聞

香港紙「大公報」(電子版)などはこのほど、これまで謎とされてきた毛沢東主席の“遺産”について、「原稿料による収入が2001年5月時点で累計1億3121万元」と伝えた。現在のレート(1元=約15円)換算で約19億7000万円に上る計算。妻だった江青氏は5回も原稿料を渡すよう党に迫ったが、「毛主席の著作は全党の知恵の結晶」と拒絶されたという。
以上産経新聞より引用


社会主義国とはいえ、たいへんな額の個人遺産ですね。
スポンサーサイト

遺言    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/134-0a9f1c8b

Top↑