大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
最新記事
2006.04.13 Thu
通勤災害
労災保険では業務災害以外に通勤災害も保険給付の対象とされています。

通勤は、仕事そのものではありません。しかし、私的な旅行でもありません。その仕事場に行かないといけないから、やむなく行っているわけです。そのため、そこでの災害を業務災害に準じて保険給付をするわけです。

通勤といっても、いつでも決まったルートとは限りません。
用事もあります。
ルートをはずれて、災害にあったらどうなるんでしょうか?

引用
出典:帰宅途中に介護、帰りの交通事故は「労災」 大阪地裁ー2006年4月12日朝日新聞

勤め先からの帰宅途中に義父宅に立ち寄って介護をした後、ミニバイクにはねられて重傷を負った大阪府富田林市の男性(58)が、羽曳野労働基準監督署が事故を通勤途中の災害と認めずに休業給付の不支給を決定したのは不当として、国を相手に決定取り消しを求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。山田陽三裁判長は「最終的には勤め先から住居に向かっており、通勤途中の災害にあたる」として、決定を取り消した。
以上朝日新聞より引用


日常生活上必要な行為であってやむを得ない事由により最小限のルートはずれの範囲内なら、それも通勤途中と認めるという基準で、
「老人介護」が認められたということですね。
スポンサーサイト

労働    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/126-0c1e0d1a
不支給決定取消 過労自殺と通勤災害
 福岡地裁(木村元昭裁判長)は、出向中の過重労働等により自殺したとして、遺族による労災申請を認めなかった八女労働基準監督署長の不支給決定を取り消す判決を言い渡しました。毎日新聞 金谷過労自殺労災認定訴訟を支援する会 大阪地裁(山田陽三裁判長)は、帰宅...
ろーやーずくらぶ 2006.04.14 Fri 00:22

Top↑