大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
最新記事
2006.04.07 Fri
金魚すくい
金魚の産地といえば、奈良県大和郡山市です。

大和郡山市における金魚養殖は、柳澤吉保の子吉里が、甲府から大和郡山へ国替えになった際に持ち込んだとされ、たいへん歴史があります。

その大和郡山市では、まちおこしに、毎年「全国金魚すくい選手権大会」を開催しています。

引用
出典:金魚すくいルール違反認定 優勝常連男性の請求棄却ー2006年4月7日中国新聞

奈良県大和郡山市であった金魚すくい大会でルール違反をしたとして優勝を取り消された埼玉県熊谷市の男性が、主催者の全国金魚すくい競技連盟(大和郡山市)に処分の無効確認などを求めた訴訟の判決で、奈良地裁は7日、男性の請求を棄却した。

 阿部静枝裁判官は判決理由で「男性は外部から隠して持ち込んだポイ(和紙のすくい網)を使用したと認められる。競技の公正を図る上で重要な違反行為で処分内容は相当」と述べた。

 判決によると、男性は2003年8月に開催された「第9回全国金魚すくい選手権大会」の団体戦で優勝したが、関係者が撮影していたビデオにより、男性が準決勝でタオルとうちわの間に用具を隠して持ち込んでいたことが発覚。主催者は優勝と、過去2回の個人戦での優勝記録を取り消し、永久出場停止とする処分をした。
以上中国新聞より引用


金魚すくいごときで、裁判まで起こすのかな?という素朴な疑問
大阪弁でいうと「アホらし」という気がしないでもないです。

金魚すくいにおいて、ポイが主催者がその都度提供する共通品でなくては競技が成り立ちません。
その意味では、ポイを替えることは重大な違反といえます。
違反者に対する記録取り消し・永久追放は重すぎる処分とはいえないでしょうね。
スポンサーサイト

裁判    Comment(0)   TrackBack(1)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/124-f489584b
金魚すくいの裁判:人はそれを「ポイ」と呼ぶ
7日付毎日新聞である。奈良県では「金魚すくい」で「ポイ」なのだそうな・・・。いや毎日新聞が裁判沙汰を配信しているのである(笑)。要は「金魚すくい」の反則技?の訴訟なのだが要約するのも面倒くさいので、以下に毎日記事の主要部分を引用する(引用文中の太字・下線
時評親爺 2006.04.08 Sat 00:46

Top↑