大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
2006.03.19 Sun
入会権と男女平等
入会権とは,
一定の地域の住民が一定の山林原野等において共同して雑草,まぐさ,薪炭用雑木等の採取をする慣習上の権利です(民法263条,294条)。

現代社会において、この入会権が裁判で争われるケースの多くは、入会権が「金銭」を生み出す場合です。
入会地に何らかの金銭的補償などが発生し、この金銭の分配を巡って、地域住民間に争いが起こる場合です。

引用
出典:地料、男性だけ分配は無効 沖縄米基地接収『入会権』ー東京新聞 - 2006年3月17日

沖縄県金武町の米軍用地に入会権を持つ地元団体が、正会員の男性世帯主に限定して軍用地料を分配しているのは違法として、同町の女性26人が受給資格と約8000万円の支払いを求めた訴訟の上告審判決が17日、最高裁第二小法廷であった。

 津野修裁判長は「会員資格を世帯主に限るのは公序良俗に反しないが、男性に限定するのは不合理な差別にあたる」と述べ、世帯主である女性2人について二審福岡高裁那覇支部判決を破棄し、同支部に審理を差し戻した。
以上東京新聞より引用


最高裁判所が、慣習によって、定められる入会権の資格要件について、
「男女の本質的平等を定める日本国憲法の基本的理念に照らし」「男子孫の世帯主」に限るのは、「女子孫に対する不合理な差別」で無効としたのは画期的といえるでしょう。

平成18年3月17日 最高裁判所第二小法廷判決 平成16年(受)第1968号 地位確認等請求事件
スポンサーサイト

裁判    Comment(0)   TrackBack(2)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/111-8e096e42
arret:入会権者を男子孫に限ることと公序良俗違反
最判平成18年3月17日 1 入会部落の慣習に基づく入会集団の会則のうち入会権者
Matimulog 2006.03.21 Tue 09:07
弁護士の言う正義って何?
弁護士関係の話題が続きますが、正義の味方面して商売やっている連中が一番性質が悪いと私は思っているんですよ。で、同じ事を官公庁がすれば「情報隠しだ!」と騒ぐのに身内の処分
そして僕はぼやき続ける(BLOG) 2006.03.19 Sun 23:04

Top↑