大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2017.09  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
最新記事
2006.03.10 Fri
少年野球と熱中死
毎年のように、7月ころから10月くらいまで、スポーツをする少年たちの熱中症による死亡事故が報道されます。

2004年7月24日 小学生ソフトボールの練習中に小学4年生死亡(尼崎)
2005年8月2日 中学柔道部の合宿中に中学1年生が死亡(神戸)
2005年10月1日 ボーイズリーグの練習中に中学2年生死亡(京都)

熱中症については、スポーツ指導者とすれば、当然に意識しなければいけないリスクであるにもかかわらず、なぜくり返されるのでしょうか。

事故のその後が報道されることは少ない中で、
裁判提訴の報道がありました。

引用
出典:1億4000万円求め提訴 少年野球特訓死、両親が元総監督にー2006年3月9日京都新聞

京都府京田辺市の少年野球チーム「京都田辺硬式野球部」に所属していた中学2年生の奥瀬翔人君=当時(13)=が昨年10月、「ペナルティー」と称する練習中に倒れ、死亡したのは、元総監督が適切な処置を怠ったのが原因だとして、京都府木津町の両親が8日、元総監督を相手に、約1億4000万円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に起こした。
以上京都新聞から引用


少年野球チームそのものは、日本少年野球連盟から、「チーム解散」「総監督除名」の処分を受けて、今は、存在しないようですが、
なぜ、悲惨な死を招いたのか裁判を通じて明らかにあれば、スポーツ指導者全体への警鐘になるでしょう。
スポンサーサイト

事故    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://kansaigodo.blog42.fc2.com/tb.php/107-e63f35aa

Top↑