大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2014.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2015.01≫
最新記事
「 2014年12月 」 の記事一覧
2014.12.25 Thu
来年の訟廷日誌
来年の訟廷日誌をおろしました。
20年以上同じものを使っています。

st






スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記
弁護士つれづれ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.12.20 Sat
「あなたも使える生活保護」
日本弁護士連合会が生活保護の利用を促すパンフレットを作成しホームページで公開しています
「あなたも使える生活保護」
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/seikatsuhogo_qa_pam_150109.pdf

8000.jpg

7000.jpg




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
憲法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.12.16 Tue
自宅は持ち家ですが、破産をしたらどうなるか?
 自宅が持ち家の場合は、財産ですので、原則として残すことは困難です。
住宅ローンとの関係で、財産的価値があれば、破産管財人が処分をして、お金に換えて債権者に分配をします。ただし、住宅の価値よりも住宅ローン等のほうがたくさん残っている場合(これをオーバーローンと言います)は、処分をしてもお金になりませんので、破産の手続の中では売却されず、結果的には競売の形になることが多いです。
借金の処理をしつつ、持ち家の自宅を残す制度としては個人再生手続が有効な場合があります。




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
カードサラ金借金    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.12.12 Fri
鳥居と十字架
地上には、「鳥居」があり、空中には、「十字架」がある風景です
12120002.jpg

太融寺「龍王大神」の鳥居と日本基督教団「東梅田教会」の十字架です





テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行
旧所名跡    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.12.04 Thu
親権ってなに?
未成年の子の身上を監護教育し財産を管理するために、与えられた身分上、財産上の権利義務の総称です。
親権を行う者を「親権者」と呼びます。
父母が婚姻中は、原則として、父母が共同して親権を行使します。
父母が離婚するときには、父母のうち一方を親権者としなければなりません。
双方が親権者としての地位を取り合うときは親権者を決めないままには離婚することができません。
調停で話し合いがつかなければ裁判所が一方の親を親権者に定める審判という判断を下します。





テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
家族    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.12.02 Tue
最高裁判所裁判官の国民審査
最高裁判所裁判官の国民審査が2日、衆議院総選挙公示と同時に告示されました
今回審査を受けるのは、2012年12月の前回総選挙後に任命された5人の裁判官です

鬼丸 かおる(おにまる かおる) 弁護士出身 2013年2月6日任命 

木内 道祥(きうち みちよし) 弁護士出身 2013年4月25日任命

池上 政幸(いけがみ まさゆき) 検察官出身 2014年10月2日任命

山本 庸幸(やまもと つねゆき) 行政官(もと内閣法制局長官)出身 2013年8月20日任命

山﨑 敏充(やまさき としみつ) 裁判官出身 2014年4月1日任命

審査は、罷免したいと思うときに、投票用紙に記載されたその裁判官の氏名欄の上に「×」印を書く方式です
何も記入しないときは信任とみなされます



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
憲法    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2014.12.01 Mon
師走選挙
12月に総選挙があると、思い出しますね

お正月を目前にした、1969年(昭和44年)12月26日、中学3年生だった私は、大阪市城東区古市にある知的障害児生活施設「すみれ愛育園」のまえの路上で、しめ縄の露天を開いていました。
父母は、古市市場(店舗数40店)で、生け花店を営んでいましたが、この年、火災で全店舗が焼失し、仮店舗でしのいでいました。このままでは、年末を乗り切れない。父が夜なべして、綯ったしめ縄を中学生の私が仮店舗近くで露天販売していたのです。

ここは、大阪2区(当時、北区・大淀区・都島区・旭区・城東区・東成区・此花区・西淀川区・東淀川区)のなかでも、大規模公営住宅が立ち並ぶ人口密集地です。私の露天のまえを、総選挙の候補者カーが何度も行き交います。
明日27日は、「沖縄解散」による第32回総選挙の投票日なのです。その中に、日本共産党の青年弁護士東中光雄候補の姿もありました。

東中光雄候補は、9万0852票を得て、3位で初当選を果たしました。

日本共産党の東中光雄さんは、その後、衆議院議員当選10回を重ねました。





テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済
弁護士つれづれ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑