大阪市北区にある関西合同法律事務所 弁護士歴30年井上直行のBlog エッセイならぬdessay です
法律事務所随想 | 弁護士つれづれ | 裁判所周辺の四季 | 裁判 | 憲法 | 教育・学校 | 土地建物 | 事故 | 労働 | セクハラ・パワハラ | 家族 | 離婚 | 遺言 | 商事 | カードサラ金借金 | 消費生活 | 環境 | 被害者 | 刑事 | 書評 | 旧所名跡 | 落語・漫才 | チャングム | 未分類 | 
弁護士井上直行です
リンクです
FC2カウンター
井上直行 弁護士ブログ  関西合同法律事務所 デッセイ
≪2007.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2007.07≫
最新記事
「 2007年06月 」 の記事一覧
2007.06.14 Thu
週刊ポスト2007年6月22日号
週刊ポストの記者から電話取材を受けました。
週刊ポスト2007年6月22日号をみてみると、
「自衛隊のセクハラ」で21歳女性空士長が国を訴えた!という2ページの記事の中に、
セクハラ・パワハラ問題に詳しい、井上直行弁護士はこう指摘する。
「米軍は、隊員の人権を守る教育を厳しく行っています。自衛隊も米軍並み、民間企業並みに人権意識を高めないと、今回と似たような事件が繰り返される恐れがあります」
と書いてます。
30分ほど話したのがこういう感じになるんですね。
スポンサーサイト

セクハラ・パワハラ    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2007.06.06 Wed
セクハラ弁護士
引用
出典:研修中の女性にわいせつ行為、弁護士を除名…大阪 2007年6月6日 読売新聞
研修中の女性にわいせつ行為をし、捏造(ねつぞう)した陳述書を提出したとして、大阪弁護士会は5日、所属する西垣泰三弁護士(54)を除名処分とした。西垣弁護士は否認しているという。

 同弁護士会によると、西垣弁護士は2004年9月、事務所で研修中の20歳代の女性をドライブに誘い、兵庫県内の駐車場に止めた車の中で女性にキスするなどしたうえ、ホテルに連れ込んで衣服を脱がせた。女性はドライブ中、シャンパンを飲まされ、酔って意識を失っていたという。
以上 読売新聞より引用


昨年1年間で5名の逮捕者を出した大阪弁護士会が、今度は「わいせつ弁護士」を除名したという。止まることを知らない不祥事続きである。

西垣弁護士を巡っては、1998年にも別の女性からセクハラの被害相談があったが、大阪弁護士会は事実が確認できないとして処分はしていなかったというから弁護士会の自浄作用もないに等しい。

セクハラ・パワハラ    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2007.06.01 Fri
関西合同法律事務所ニュース憲法60年記念号
2

関西合同法律事務所ニュース憲法60年記念号が刷り上りました

法律事務所随想    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑